“かめ壺貯蔵”をうたった銘柄の元祖。料理と一緒に味わいたい芋焼酎「蔵の師魂」

2017/02/20

皆さんこんにちは。HAVESPIでは順次新商品を入荷しています!
 
今回はHAVESPI自慢の一本、鹿児島県・小正醸造「蔵の師魂(くらのしこん)」」をご紹介します!

芋焼酎「蔵の師魂」ってどんなお酒?

鹿児島県・小正醸造「蔵の師魂(くらのしこん)」は原料の米は南薩摩の新米コシヒカリ、芋は天皇杯や黄綬褒章を受章された東馬場さんの黄金千貫のみを使用しています。本格焼酎で「かめ壺貯蔵」をうたった銘柄の元祖であり、貯蔵にふさわしい「素焼きのかめ壺」で熟成された本格焼酎です。

芋焼酎「蔵の師魂」ってどんな味?


熟成されたことによる芳醇な香りと優しい口あたり、そして深みのある味わいのお酒です。芋の甘みと後味のキレを楽しむことができます。上品な味わいは、高級食材を使ったお料理と合わせても、料理を引き立たせてくれます。

醸造元・小正醸造

出典:小正醸造Facebook
 
明治16年、初代小正市助にて創業されました。平成25年7月、創業130周年を迎えています。焼酎づくりは笑顔づくり、という考え方を持ち、お客様に満足される喜びと笑顔の創造するという経営理念の醸造元です。
 
小正醸造公式HPはこちら

お客様の反応

「蔵の師魂」方は、いったいどんな感想をもったのでしょうか?ここからはお客さまの感想を一部ご紹介します!

コクと甘みのある焼酎だなと感じました。

熟成された旨みを味わえるお酒でした。

芋の甘みがあるのにキレもあって飲みやすかったです。

お料理も引き立てるお酒、食事をとりながら味わいたいですね。


いかがでしたか?HAVESPIには氷やお湯はもちろん、様々な割材をご用意しているので、いろいろな飲み方で焼酎をお楽しみください!気になった方は、HAVESPIでぜひお試しください!

登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします