「産地呼称焼酎」は厳しい基準を満たした”焼酎界のエリート”だった!

2017/05/10

居酒屋でも人気の焼酎に「産地呼称焼酎」という物があるのをご存知でしょうか?あまり聞き慣れない単語かもしれませんね。
 
これを知っているとちょっと焼酎に詳しくなり友人との会話で披露できるネタとして覚えておいても損はないですよ。
 
そんな「産地呼称焼酎」についてご紹介したいと思います。


 

産地呼称焼酎ってなに?

pixta_1144425_m
 
産地呼称焼酎とは、地理的な表記が認められている焼酎のことです。
 
産地呼称焼酎の「産地呼称」とは、世界貿易機関が定める「地理的表示制度」に基づきます。これは、製品の原産地を明らかにすると同時に、伝統的な地域固有の製法及び製品を保護する目的があります。
 
ウイスキーの「スコッチ」*1やワインの「シャンパン」*2も、地理的表示の産地指定のお酒の代表です。これは、生産者が勝手に名乗ることができるわけではなく、世界貿易機構(WTO)の認定を受けなければなりません。

*1 スコットランドで製造されるウイスキーのこと
*2 フランスのシャンパーニュ地方特産のスパークリングワインのこと

 
また、その地域で生産されるだけでは、産地呼称の認定は受けられません。産地呼称の認定を受けるには、様々な基準をクリアしなければいけません。
 

産地呼称焼酎の”産地呼称基準”はどのようなもの?

産地呼称認定を受けるためには、主に2つの基準を満たす必要があります。
 
1、産地呼称焼酎の生産地
産地呼称するからには、もちろんその土地で生産されなければなりません。加えて、水や芋など、酒造りに使用される原材料の産地の指定をしている場合もあります。
 
2、産地呼称焼酎の原材料や製法
酒造りの方法は種類や地域によって異なります。古来から地域に根付く、伝統的な洗練された製法や、長年培われた原料のバランスで造られたお酒のみが、産地呼称できます。
 
具体的な基準は種類ごとに異なるので、日本の産地呼称焼酎をそれぞれ紹介します。
 

産地呼称焼酎にはどんな種類があるの?

pixta_119398_m
 
日本には、2017年現在で4つの産地呼称焼酎が存在します。

産地呼称焼酎その1:壱岐焼酎(いきしょうちゅう)

出典:日本酒造組合中央会HP
 
<基準>
・米麹を使用する
・米麹と麦の比率を1:2で仕込む
・壱岐の島内の水で仕込まれ蒸留し容器詰めする

 
壱岐焼酎の歴史は16世紀まで遡り、壱岐は麦焼酎発祥の地と言われています。現在壱岐焼酎を造る蔵元は、壱岐の島内の7蔵のみです。
 
かつてお米は年貢として藩に納める必要がありましたが、麦は年貢の対象になっていなかったため、生産者が自家用主として蒸留し始めたと言われています。
 

産地呼称焼酎その2:球磨焼酎(くましょうちゅう)


出典:日本酒造組合中央会HP
 
<基準>
・原料は米のみ
・人吉球磨の地下水で醪(もろみ)を仕込む
・人吉球磨で蒸留し容器詰めを行う

 
熊本県の人吉盆地で生産されている球磨焼酎は、400年の歴史がある米焼酎のトップブランドです。お米が原料の球磨焼酎は日本酒に近い味わいで、お酒が苦手な方でも飲みやすい焼酎です。香りはフルーティーなものが多く女性でも楽しみやすい焼酎です。
 

産地呼称焼酎その3:琉球焼酎(りゅうきゅうしょうちゅう)

出典:日本酒造組合中央会HP
 
<基準>
・原料はタイ米を使用
・黒麹菌を使用して蒸留
・仕込みは1回のみの全麹仕込み
・単式蒸留器で蒸留、容器詰めする

 
琉球焼酎はいわゆる琉球泡盛(りゅうきゅうあわもり)のことです。実は、琉球焼酎は日本最古の蒸留酒と言われています。
 
琉球焼酎は米どころである日本では珍しいタイ米を使用しています。タイ米は、日本米よりも硬質でサラサラして扱いやすく、麹菌が増殖しやすいため、琉球焼酎に使用されています。
  

産地呼称焼酎その4:薩摩焼酎(さつましょうちゅう)


出典:日本酒造組合中央会HP
 
<基準>
・全原料を鹿児島県産サツマイモ、水、米麹またはさつまいも麹を使用する
・鹿児島県内の南薩摩で単式蒸留器で蒸留、容器詰めする

 
薩摩焼酎は、さつまいもの名産地である鹿児島県が誇る名産品でもあります。鹿児島では酒と言えば焼酎というくらい、焼酎が文化に根付いており、その一端を薩摩焼酎が担っています。
  


いかがでしたか?日本が誇る産地呼称焼酎についてご紹介しました。その地域で生産されるだけでは、産地呼称の認定を受けられないんですね!
 
世界的な価値のあるブランドとなっている産地呼称焼酎を飲むときには、名前の意味を思い出すと地域の風を感じることができ、より一層美味しく焼酎が飲めるようになりますよ。

登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします