HAVESPIでも作れます!余りがちな餅消費レシピとよく合う焼酎3選!

2017/01/12

皆さんこんばんは。昨日は鏡開きでしたね。私はお正月にもう嫌になるほど餅を食べましたが、皆さんはいかがですか?
 
餅は美味しいですが意外と余りがちで、焼きもち、お雑煮、ぜんざい以外のレシピってなかなか思いつかないですよね。
 
今回はお正月が過ぎてご自宅の冷蔵庫に眠っている餅を活用したレシピと、それによく合う焼酎を紹介します!

材料

th_IMG_0390

餅(一口大にカットしたもの) 1〜2個分
じゃがいも(角切りにし火を通したもの) 1個分
たまねぎ(スライス) 1/4個分
ゆで卵 1個
チーズ 1枚
塩胡椒 適量
醤油 適量
マヨネーズ 適量

作り方

ステップ1:ボールに食材を入れざっくりと混ぜ合わせる

th_IMG_0395
 
ボールに餅、じゃがいも、たまねぎ、ゆで卵を入れ、
 
th_IMG_0400
 
ざっくりとスプーンで混ぜ合わせます。

ステップ2:調味料をかける

th_IMG_0403
 
その上から塩胡椒、醤油、マヨネーズを好みの量かけます。

ステップ3:チーズをのせ、レンジで温める

th_IMG_0408
 
更にその上にチーズをのせ、600wのレンジで2〜3分温めます。

完成!

th_IMG_0413
「ポテトもちサラダ」の完成です!皆さんの大好きなポテトサラダに、餅を入れてアレンジしました。こちらは簡単に作ることができるので、HAVESPIでも簡単に作れちゃいますよ!
 
餅とじゃがいもが入っているので食べごたえがあり、おつまみとしてだけではなくではなく夜食などにも最適な一品です!
 
「ポテトもちサラダ」に合わせるのであれば、グビッと喉を潤して欲しいので、ソーダ割りでおすすめの焼酎を紹介したいと思います。

「ポテトもちサラダ」に合わせてほしい焼酎

朝日飛乃流

th_IMG_0420
通常の朝日よりも黒糖の量を少なくした焼酎で、黒糖の量が多めに入った朝日壱乃醸とは全く違った味わいになってます。フルーティーで料理との相性も抜群です!

一刻者

th_IMG_0422
芋麹が使われている全量芋で作られたリッチな芋焼酎です。米麹特有の香りがなく、芋本来の上品な味わいが楽しめます。ソーダで割っても一口目で芋の甘さを感じられますよ。芋とじゃがいもなので相性は◎です。

風龍

th_IMG_0418
ソーダで割ると麦の甘い香りと濃厚な味わいを楽しめる焼酎です。黒麹仕込で口当たりのインパクトもあり、ビターな味わいは一度飲んだら病みつきになりますよ。
 


 
いかがでしたか?ソーダ割りは自分で濃さを調節できるのでHAVESPIで自分で好みの割合を見つけて、「ポテトもちサラダ」を合わせて楽しんでください!

メルマガ登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします