【変わり種焼酎】ココは南国か?なつめやしを使用した焼酎「椰子の詩」

2017/03/01

みなさん、こんにちは。HAVESPIには、定番の米・麦・芋以外にも様々な原料から作る変わり種焼酎があるのはご存知ですか?今回は、なつめやしを使用した焼酎「椰子の詩」を紹介します!
 

「椰子の詩」ってどんな焼酎?

「椰子の詩」は中近東産のなつめやしを主原料に使用しています。樽貯蔵することでなつめやしの風味を生かすように作られた焼酎です。南国をイメージして作られ、ラベルも色や柄の使い方が南国のようなデザインになっています。
 

「椰子の詩」ってどんな味?

樽貯蔵されていることでなつめやしの味や風味に深みが感じられる焼酎です。ほのかな香りと南国のような風味が爽やかに感じられます。味わいはフルーティーなお酒です。ロックで飲むことでなつめやしの風味を楽しむことができるお酒です。
 

醸造元・京屋酒造

出典:京屋酒造Facebook
 
京屋酒造は天保五年(1834年)に創業し、伝統を大切にして酒造りをしてきた酒造です。原料や大甕で作ることにこだわって少量ずつ焼酎を造っています。自然の恵みを自然の力で人々の生活に活力与えるものを造るという考えを持って酒造りをしています。
 

お客様の反応

フルーティーな味わいで好きな味でした!

なつめやしの風味がとてもしっかりしていました。

風味が爽やかで飲みやすかったです。


いかがでしたか?南国の雰囲気を感じるなつめやしの焼酎がどんなものか気になってきたのではないでしょうか?ぜひHAVESPIに飲みにお越しください!
 

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします