かわいいだけじゃない!素材の活きた本格派「くじらのボトル」

2017/04/20

皆さんこんにちは。HAVESPIには100種類の焼酎がありますが、これだけあるとどれを飲もうか迷ってしまいませんか?
 
そんな皆さんのために、本ブログでHAVESPIの焼酎を紹介していきたいと思います。今回紹介するのは、HAVESPI自慢の一本、鹿児島県・大海酒造「くじらのボトル」です!

芋焼酎「くじらのボトル」ってどんなお酒?


大きくくじらが描かれた、写真映えもするおしゃれなラベルの「くじらのボトル」。鹿児島ブランドの垂水温泉水「寿鶴」と、地元鹿屋市の契約農家で収穫された芋「黄金千貫」を使用した芋焼酎です。
 
白麹仕込み・常圧蒸留で造られており、焼酎に親しみがなかった人にも飲みやすく、かつコアな芋焼酎ファンにも楽しんでもらえる一本です。

芋焼酎「くじらのボトル」ってどんな味?


ラベルのくじらのように、大きく包み込むような優しさと力強さがある一本。優しく華やかな香りとが印象的です。ぜひお湯割りやぬる燗で、その華やかな香りや芋の味わいをお楽しみください!

醸造元・大海酒造


出典:東酒造株式会社公式Facebook
 
大海酒造は、芋焼酎の本場鹿児島の大隈半島のほぼ中央に位置する鹿屋市にある酒蔵です。「海」をテーマにした女性や若い人にも飲みやすい芋焼酎を造り、近年の芋焼酎ブームにも一役買っています。
 
「日本だけでなく世界に誇れる焼酎を造り、芋焼酎としてのジャンルを確立し世界に認知させたい」と、水とさつまいもにこだわっています。製造の全てを管理指導する大牟杜氏が杜氏歴2年目の際に、鹿児島県本格焼酎鑑評会で優等賞第一位を受賞という快挙を達成しました。
 
大海酒造公式HPはこちら

お客様の反応


「くじらのボトル」を飲んだ方は、いったいどんな感想をもったのでしょうか?ここからはお客さまの感想を一部紹介します!
 

芋の香りがとても華やかで、力強い味わいです。そのまま飲むのはもちろん、食中酒としても楽しめました!

芋の余韻が楽しめると思います。焼酎初心者の人も飲みやすいかも!

芋の魅力がぎゅっと詰まった一本。芋焼酎好きにはたまりません。

 
そのまま飲むだけでなく、お料理も引き立ててくれるようなので、さまざまな飲み方で楽しんでみたいですね。


いかがでしたか?HAVESPIには氷やお湯はもちろん、様々な割り材を用意しているので、いろいろな飲み方で焼酎をお楽しみいただけます。「くじらのボトル」が気になった方は、ぜひHAVESPIでお試しください!

メルマガ登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします