そんな焼酎もあったのか!100種類の中でもっとも飲まれた焼酎トップ10【2017年5月版】

2017/06/30

焼酎好きの皆さんは、HAVESPIでどのような焼酎を楽しんでいますか?100種類もあると、きっとまだ知らない焼酎もありますよね。
 
今回は、5月にHAVESPIで多く飲まれた焼酎トップ10を紹介します。たくさんの人が飲んでいる焼酎は、どのような焼酎なのでしょうか!
 

第10位:古丹波


「古丹波(こたんば)」は、栗の生産で有名な兵庫県の丹波地方で造られる栗焼酎です。栗の醸し出された芳醇な香りと、お米の発酵技術から生み出されたほのかな甘みをあわせ持つ栗焼酎です。
 

第9位:赤の松藤 黒糖酵母仕込み

「赤の松藤 黒糖酵母仕込み」は、サトウキビから生まれた「黒糖酵母」を使用した泡盛です。黒糖酵母らしい甘い香りとまろやかさが特長で、コクと旨味が感じられる深い味わいのお酒です。
 

第8位:黒の松藤


「黒の松藤」は、黒麹の長期発酵・熟成によるもろみと古酒のブレンドによって生まれる、コクと旨味が感じられる深い味わいの泡盛です。水割りにしても泡盛の味わいをしっかりと感じることができるので、水割りにして食事と一緒に楽しむのがオススメです。
 

第7位:須木 風龍


「須木 風龍」は、麦の甘い香りと濃厚な味わいを楽しめる焼酎です。黒麹仕込で口に入れた時の印象はとても強く、ビターな味わいは一度飲んだら病みつきになります。ソーダ割りでさらに甘い香りを味わうことができます。
 

第6位:あかしらかわ

「須木焼酎 白麹仕込み」は、明治末期から使われている和がめで仕込み、ゆっくり熟成、丹精込めて醸した伝統的な須木の本格芋焼酎です。九州では一般的な白麹を使用しているため、穏やかでマイルドな芋の味わいを感じることができます。さっぱりとした芋の旨みとコクを併せ持った懐かしくも新しい芋焼酎です。

第5位:須木焼酎 白麹仕込み

「須木焼酎 白麹仕込み」は、明治末期から使われている和がめで仕込み、ゆっくり熟成、丹精込めて醸した伝統的な須木の本格芋焼酎です。九州では一般的な白麹を使用しているため、穏やかでマイルドな芋の味わいを感じることができます。さっぱりとした芋の旨みとコクを併せ持った懐かしくも新しい芋焼酎です。

第4位:山美娘


「山美娘」は、すき酒造の杜氏が「贅沢の極み」と称したほどの芋焼酎です。上品な口当たりに、しっかりとした芋焼酎の香りが人気です。焼酎初心者の方でも飲みやすく、水割りで飲むのがオススメです。

第3位:赤山猪


「赤山猪」は紅紫芋を使用した焼酎です。味わいは力強い辛口のお酒で、コクと甘みが感じられる奥深い味わいが感じられます。個性が強い芋焼酎ですが、どんな飲み方でも合い、特にお湯割りで特に楽しむことができるお酒です。

第2位:麦ほっか


「麦ほっか」は、焙煎した麦に由来する香ばしさが特長の焼酎です。麦チョコのような甘くほろ苦い風味が人気で、ストレートでも飲みやすく、お湯割でも香りを存分に楽しめます。

第1位:?ないな 紫


5月に最も人気の焼酎は、本格芋焼酎「?ないな 紫」です。「?ないな 紫」は、飲んでみるととてもふわっとした優しい芋の風味が感じられ、飲んだ後に鼻に抜ける香りも心地よい焼酎です。飲みやすいお酒なので芋焼酎初心者の方にもぴったりのお酒ですよ!
 


いかがでしたか?5月は定番の芋焼酎のほか、栗を使用した変わり種焼酎や泡盛がランクインしていました。また、一言で芋焼酎といっても、造り方や味わいはどれも異なるんですね。
 
人気の焼酎の味わいが気になった方は、ぜひHAVESPIでお試しください!

SHOP LIST

店舗一覧

HAVESPI 新宿店

HAVESPI 上野店

HAVESPI 船橋店

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします