【変わり種焼酎】なつめやしを使ったフルーティーな香りヤシ焼酎「孤独な天使」

2016/11/17

みなさんこんにちは。HAVESPIには、定番の米・麦・芋以外にも様々な原料から作る変わり種焼酎があります。今回は、なつめやしを使用した焼酎「孤独な天使」を紹介します!

ヤシ焼酎「孤独な天使」ってどんな焼酎?

th_img_0016
 
なつめやし(デーツ)をワイン酵母で発酵させ、樫樽で貯蔵・熟成させた、ブランデータイプのヤシ焼酎です。樫樽熟成のため、樫の成分がお酒に溶け、琥珀色の焼酎になっています。砂漠に近い乾燥した熱帯・亜熱帯地方で生産され甘味が強く栄養価の高い果実のであるなつめやしと麦焼酎をブレンドしてできたお酒です。
 

ヤシ焼酎「孤独な天使」ってどんな味?

th_img_0093
 
なつめやしのフルーティーな香りと甘みが感じられる、まろやかな旨みが特徴の焼酎です。原液は焼酎というよりもブランデーに近く、コクと甘みが広がります。濃厚なお酒なので、そのままや、ロック、水割り、ソーダ割りで美味しくいただけます。長期熟成ならではのまろやかさとコクのあるお酒です。
 

「孤独な天使」の醸造元・井上酒造

inoue_img
出典:井上酒造
 
井上酒造は西暦1894年(明治27年)創業、昭和58年独自の減圧蒸留技術を開発し、日本で初めて減圧蒸留100%の芋焼酎の製造を開始しました。 当時は常圧蒸留が主流の中で大きな脚光を浴び、現在は芋焼酎以外にも麦・そば・米焼酎さらにヤシ焼酎(デーツ)を製造販売しています。 昭和50年4月、株式会社に改組、昭和56年9月には年間2万石の製造設備を増強し、焼酎メーカーとしての地位を築きました。
 

ヤシ焼酎「孤独な天使」のお客様の反応

th_img_0080

ブランデーに近い焼酎ということですが、お客様はどのような印象を受けたのでしょうか?

イメージしていたよりも濃厚で、ロックで飲むのはきついように感じました。ソーダ割りなどで美味しくいただけました。

麦焼酎と黒糖焼酎が混ざったような香りがしました!

爽やかで軽快な麦焼酎といた印象です。

麦焼酎の味わいに甘い香りと甘みの加わったお酒です。ソーダ割りが合いそうです。


いかがですか?ブランデーに近い味わいのヤシ焼酎、気になった方は、HAVESPIでお試しください!

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします