海の恵みでできました!昆布焼酎「黄金譚(こんかねたん)」

2017/05/01

みなさんこんにちは。HAVESPIで飲めるお酒をご紹介するこのコーナー。様々な変わり種の焼酎を紹介してきましたが、今回はなんと海の恵み「昆布」でつくった焼酎です!

「あ、こんぶだ」と実感できるほど染み出るこんぶの焼酎「黄金譚(こんかねたん)」

このこんぶ焼酎に使われている、北海道の礼文島のこんぶにはこんな言い伝えがあるそうです。

むかしむかし礼文島で、漁獲量がほとんどなく魚が最期の2匹になってしまっても、大きい方を夕日の神にお供えした勤勉な若い漁師夫婦がいました。お供えすると夕日の神に仕える親子カモメが声色を変えて『これから数年、魚はとれない。あの岩の下の海藻を採り、浜でそれを干せば黄金に代わるであろう。』と言いました。そのカモメは毎日お供えをいただいていたのです。以来「夕日の神のお告げ」と信じた夫婦は漁を止め、海藻を浜に並べました。これが夕日に照らされて黄金草(こんかねそう)と言われ、島の名産「礼文昆布」と呼ばれるようになりました。

「黄金譚」は、この民話に基づく「黄金草=こんぶ」で醸したこんぶ焼酎です。村一品のまちおこしとして生まれました

どんな味がするの?

北海道の礼文島のこんぶによって味わい豊かな焼酎になっています。ホントにこんぶ風味がして「こんぶ!」と実感できるほど。なんだか聞いたことがある名前だと思えば、しそ焼酎『鍛高譚(たんたかたん)』の系列なのです。味も爽快かつ淡麗。たんたかたんがお好きな方にはたまりませんね。
 

オススメの飲み方は?

こんぶだしと言えばやっぱり和食!そんな和食の食中酒にピッタリなんです。水割り・お湯割りでも幅広く楽しめます♪
 


いかがでしたか?和食のお料理の気分の日には欠かせない一本ですね。まだオープンもしていないHAVESPI は、これからどんどん楽しいお酒の飲み方を模索していきます!みなさんも新しい楽しみ方を見つけたときは店員に教えてくださいね♪

- 共にお酒を広めたい仲間集まれ! -

登録フォーム

イベントや店舗でのキャンペーン情報などお得な情報をいち早くお届けいたします