国内

2022年夏の節電要請はなぜ行う?いつからいつまでで範囲はどこ?

2022年6月7日に夏の節電要請がされました。

夏の節電要請とは何なのか、なぜ行われるのかなどについて書いていきます。

夏の節電要請の概要

引用:https://xtech.nikkei.com/atcl/nxt/column/18/00001/06722/

夏の節電要請がされたのは、脱炭素化などで、火力発電が休止・廃止されたことに加え、原発の再稼働が遅れたことで、電力が不足したからです。

電力需給を安定させるため、家庭や企業への節電要請に加え、休止している火力発電を稼働させたり、追加的な燃料を調達させることが、決定しました。

夏の節電要請はなぜ行う

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/91da4002d957c357690852841d535994d2484a7f

夏の節電要請はなぜ行われることになったのでしょうか。

節電をする必要がでてきた理由としては、脱炭素化などで、火力発電が休止・廃止されたことに加え、原発の再稼働が遅れたことで、電力が不足したからです。

夏に節電をしなければ、今後の電力供給が難しくなるおそれがあるため、夏の節電要請が出されました。

スポンサーリンク

夏の節電要請はいつからいつまでの期間?

夏の節電要請期間は、7月1日〜9月30日

そして、太陽光発電の出力が減り、電力供給が難しくなる午後17時〜20時は特に節電をするように呼びかけられています。

夏の節電要請の範囲はどこ?

夏の節電要請の範囲は全ての都道府県が対象となっています。

現在は、主に首都圏の電力が不足しているのですが、冬になると全国的に電力が不足し、電力供給が難しくなる見通しがされているので、夏の時点から全国的に節電をするように言われています。

夏の節電要請は具体的に何をすれば良い?

引用:https://www.asahi.com/articles/ASL9B471WL9BUTIL00Q.html

家庭でできる具体的な節電方法について書いていきます。

照明の節電方法

普段生活していると、誰もいない部屋でも電気をつけっぱなしにしていることがあると思います。

部屋ん行き来を頻繁にする場合を除き、こまめに電気を消すようにして、少しでも電気を無駄に使わないようにしましょう。

また、照明の場合は、インバーター式を使うことで節電をすることができます。

インバーター式は照明のオンオフ以外にも明るさの調節ができ、消費電力を抑えられます。

その上で、LED電球やLED照明に買い替えて、使用することで、より節電することができます。

テレビの節電方法

テレビで節電する方法としては、まず、画面の明るさを暗くした上で、一つの部屋でテレビを見るようにすることです。

また、テレビを消す時は、リモコンでオフにしがちですが、リモコンではなく、主電源で消すようにすることで節電に繋がります。

炊飯器の節電方法

炊飯器で節電する方法としては、1日に食べる分をまとめて炊いて、冷蔵庫か冷凍庫に保存しておくことでご飯を炊く回数が少なくなるので、節電に繋がります。

その他にも、タイマー炊飯を使い保温時間を短くしたり、エコ炊きモードを使うなどするこで、ご飯は美味しいままで節電することもできます。

冷蔵庫の節電方法

次に、冷蔵庫で節電する方法としては、冷蔵庫に入れる食品の量をできるだけ減らし、設定を「強」から「中」へ変更することで節電できます。

それ以外にも、熱いものを冷蔵庫に入れると冷やすために余分に電力を使うので冷やしてから入れたり、冷蔵庫を開けている時間を短くしたうえで、開閉回数をできる限り減らすことでも節電できます。

まとめ

今回は、夏の節電要請について書いてきました。

火力発電を休止させたり、原発の再稼働が遅れたことで電力が不足し、夏に節電を要請する事態になってしまいました。

夏に節電をしなければ、今後の電力供給が難しくなり、停電になるという事態になる可能性もあります。

今後の生活に影響を出さないためにもできる限りの節電をしていきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

国民皆歯科健診をわかりやすく解説!開始はいつから?反対意見も紹介!2022年6月に決まる骨太の方針にて国民皆歯科検診が導入されることが話題になっています。 国民皆歯科検診について色々な反応がありま...