地域

尼崎市民情報のUSBはどこにあった?情報流出されている可能性は?

2022年6月21日に紛失した尼崎市のUSBが3日後の24日に見つかりました。

そのUSBはどこにあったのでしょうか。

今回は

  • 尼崎市のUSB紛失までの時系列
  • 尼崎市のUSBがあった場所
  • 尼崎市民の情報が流出している可能性は?

以上の3つについて書いていきます。

尼崎USB紛失までの時系列

引用:https://www.yomiuri.co.jp/national/20220623-OYT1T50137/

6月21日に臨時特別給付金を支給する業務の一部を委託されている業者が、データを移し替える作業をするためにUSBメモリーを持ち出しました。

担当者は作業終了後に大阪府内の飲食店で飲酒をし、飲酒後に担当者は同僚と別れて路上で寝てしまい、翌日の22日未明の2時過ぎに目覚めた時に、USBメモリーの入ったカバンごとなくなっていました。

尼崎USBはどこにあったのか

尼崎市の市民の個人情報が入ったUSBが見つかりました。

どこにあったのか書いていきたいと思います。

なくなっていたカバンが見つかった

尼崎市の市民の個人情報が入ったUSBはかばんとともに見つかりました。

USBとかばんがあった場所は、新大阪駅と江坂駅の間にある吹田市内のマンションの敷地内にあったようです。

また、USBを紛失した社員は紛失前後にマンションの敷地内に立ち入った記憶があると話しているそうです。

24日朝から署員約30人が捜索を実施。同日正午ごろ、紛失した社員と署員が同市内のマンションの敷地内でかばんを発見した。

この社員は紛失前後、マンションの敷地内に立ち入った記憶があると話しているという。

尼崎市の個人情報USB、吹田のマンションで発見 盗難被害なし – 産経ニュース (sankei.com)

スポンサーリンク

尼崎市民の情報が流出している可能性は?

引用:https://news.goo.ne.jp/article/abematimes/nation/abematimes-10028804.html?isp=00002

USBは見つかりましたが、尼崎市の市民の個人情報が流出している可能性はあるのでしょうか。

USBが紛失したと尼崎市が会見をした際に、USBのパスワードの桁数を言ってしまったので、知識のある人にUSBが渡っていたら個人情報が流出している可能性があります。

実際に流出しているかどうかについては、調査中とのことです。

流出していないことを祈るしかありませんね。

まとめ

今回は尼崎市のUSBが見つかったことについて書いてきました。

USBを紛失したのは21日で3日後の24日に見つかったので、早めに見つかって良かったと思います。

尼崎市には今後同じようなことが起こらないようにしっかりと改善してほしいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

【尼崎USB紛失】市民は損害賠償を請求できる?予想される被害は?兵庫県尼崎市で市民46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが紛失してしまいました。 USBメモリーが紛失してしまったらどのような被...
尼崎USB紛失業者の社員を公表しない理由は?ベテラン社員って本当?兵庫県尼崎市で市民46万人の個人情報が入ったUSBメモリーが紛失してしまいました。 USBメモリーを紛失してしまった社員について ...