国内

鬼塚友章のwikiプロフや経歴!九州大学出身で家族情報(妻・子供)は?

安倍晋三元首相の奈良県での演説で警護・警備をしていた奈良県警。

その奈良県警のトップである鬼塚友章さん

その鬼塚さんについて

今回は

  • 鬼塚友章のプロフィール
  • 鬼塚友章の学歴・経歴
  • 鬼塚友章の家族情報

以上の3つについて書いていきます。

鬼塚友章のプロフィール

引用:https://www.mbs.jp/news/kansainews/20220825/GE00045468.shtml
名前:ふりがな) 鬼塚 友章:おにづか ともあき)
生年月日 1971年or1972年:50歳)
出身地 福岡県

生年月日

鬼塚さんの年齢は2022年8月時点で50歳です。

このことから生年月日は1971年か1972年だとわかりました。

出身地

鬼塚さんの出身地は、福岡県です。

具体的な都市名などの情報はなくわかりませんでした。

身長・体重

鬼塚さんの身長や体重については情報がありませんでした。

画像等を見ても、座っている画像しかないため、予想することもできませんでした。

今後情報が出てくるといいですね。

鬼塚友章の学歴

引用:https://news.ntv.co.jp/category/society/1415fc2faa1749c4be85dce3d21a8e2e

 

鬼塚さんは、奈良県警のトップということで高学歴なのは確定だと思いますが、どこの高校、大学を卒業しているのでしょうか。

鬼塚さんの学歴について書いていきます。

出身高校

鬼塚さんの出身高校については、情報がありませんでしたが、出身が福岡県ということなので、福岡県内の高校だと思われます。

また、九州大学に進学されていることがわかっているので、九州大学に合格できるほどの高校ということになります。

九州大学に合格できるレベルの福岡県内の高校は

  • 九州国際大学付属高校
  • 久留米大学附設高校
  • 修猷館高校
  • 西南学院高校
  • 西南学院高校
  • 東筑高校
  • 福岡高校
  • 福岡大学附属大濠高校
  • 明善高校

以上の9つで、いずれかの学校である可能性が高いと思われます。

出身大学

鬼塚さんの出身大学は九州大学です。

九州大学の偏差値は

  • 共創学部:偏差値60.0
  • 文学部:偏差値57.5
  • 教育学部:偏差値60.0
  • 法学部:偏差値60.0
  • 経済学部:偏差値57.5~60.0
  • 理学部:偏差値55.0~65.0
  • 医学部:偏差値 52.5~67.5
  • 歯学部:偏差値57.5
  • 薬学部:偏差値60.0~65.0
  • 工学部:偏差値55.0~65.0
  • 芸術工学部:偏差値55.0~60.0
  • 農学部:偏差値55.0

九州大学を卒業した有名人を紹介します。

  • 吉村洋文:衆議院議員
  • 河野正美:衆議院議員
  • 安永航一郎:漫画家
  • 井上靖:小説家
  • 岡松和夫:小説家
  • 井原陽介:アナウンサー
  • 浦口直樹:アナウンサー
  • 高島宗一郎:福岡市長・元アナウンサー
  • 若田光一:宇宙飛行士
  • 小森田実:ミュージシャン

他にも110名以上の有名人を輩出しています。

スポンサーリンク

鬼塚友章の経歴

鬼塚さんの経歴を書いていきます。

年代 経歴
1995年 警視庁採用
1988年 長野県警察本部警備部警備第一課長に就任
2001年 神奈川県警察本部警務部首席管理官兼総務部首席管理官に就任
2008年 在イタリア日本国大使館一等書記官となる
2011年 警察庁警備局公安課理事官に就任
2016年 警察庁警備局警備課警護室長に就任
2017年 警視庁第一方面本部長に就任
2020年 内閣官房国家安全保障局内閣参事官に就任
2022年 奈良県警察本部長に就任

鬼塚友章の家族情報

引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/e8057451bb16a25cfd37ee7dce9b9c2e1fa129d1

 

鬼塚さんは、結婚していたりと家族はいるのでしょうか。

鬼塚さんの家族については情報がなく、わかりませんでした。

会見では結婚指輪をしていなかったので、結婚していない可能性がありますが、仕事のときは指輪を外すという方もいるので、あくまでも可能性があるということになります

鬼塚さんは、50歳なので結婚していたり、子供がいたりしてもおかしくはありません。

今後詳しい情報が出てくるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

今回は鬼塚さんについて書いてきました。

鬼塚さんは、様々な役職を務めてきており、エリートであることは間違いありません。

今回の奈良県警察本部長を辞職されることは残念ですが、今後また頑張ってほしいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

https://havespi.jp/narakenkeisp-munou/