エンタメ

さんぽセルを開発した小学生は誰?通っている学校は栃木のどこ?

栃木県の小学生がランドセルによる小学生の負担を約90%減らせるさんぽセルを開発しました。

この小学生は栃木県のどこの小学校に通っているのでしょうか。

今回は

  • さんぽセルを開発した小学生は誰?
  • さんぽセルを開発した子供の小学校はどこ?

以上の2つについて書いていきます。

さんぽセルを開発した小学生は誰?

引用:https://www.lmaga.jp/news/2022/06/459718/

さんぽセルを開発した小学生は、日光市の小学生3〜6年生の6人が中心となって開発したそうです。

さんぽセルを開発した小学生は、一般人なので、これ以上の情報は現時点ではありませんでした。

さんぽセルを開発した子供の学校は栃木のどこ?

引用:https://grapee.jp/1132236

さんぽセルは、栃木県の日光市の小学生が中心になって開発したことがわかっています。

また、さんぽセルを廃校となっている野口小学校で商品開発をしていたそうです。

さんぽセルを開発した小学生の学校は、野口小学校の近辺の小学校だと思うので、それぞれ書いていきます。

日光小学校

日光小学校は、野口小学校まで、歩いて約49分自転車なら約35分程度で行けるので、小学生でもなんとか行ける距離だと思います。

日光市立今市小学校

日光市立今市小学校は、野口小学校まで、歩いて約38分自転車なら約20分程度で行けるので、小学生が歩いてでも行ける距離だと思います。

野口小学校までは最も近い距離にある小学校なので、さんぽセルを開発した小学生の小学校である可能性は高いと思われます。

日光市立今市第二小学校

日光市立今市第二小学校は、野口小学校まで、歩いて約52分自転車で約40分程度で行けると思うので行けるので、小学生でもなんとか行ける距離だと思います。

日光市立今市第三小学校

日光市立今市第三小学校は、野口小学校まで、歩いて約1時間自転車で約45分程度で行けると思うので、今まで紹介した小学校に比べたら最も遠い距離にあります。

さんぽセルを開発した小学生の小学校である可能性は低いと思われます。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、さんぽセルを開発した小学生について書いてきました。

さんぽセルを開発した小学生は、話題にはなっているものの栃木県日光市の小学生ということ以外の情報はありませんでした。

今後、さんぽセルが人気になるにつれて開発した小学生について情報が出てくるかもしれませんね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

さんぽセルはどこで売ってる?予約方法や値段に発送時期を調査!栃木県の小学生がランドセルによる小学生の負担を約90%減らせるさんぽセルを開発しました。 このさんぽセルについて 今回は ...