エンタメ

山下紘加(小説家)の経歴や学歴!出身地や生年月日に結婚歴も調査!

2022年の第167回芥川賞・直木賞にノミネートされた「あくてえ」

その「あくてえ」の著者である山下紘加さんが注目されています。

そんな山下紘加さんについて

今回は

  • 山下紘加のプロフィール
  • 山下紘加の学歴・経歴
  • 山下紘加は結婚している?
  • 山下紘加のおすすめ作品

以上の4つについて書いていきます。

山下紘加のプロフィール

引用:https://books.j-cast.com/topics/2020/04/21011473.html
名前(ふりがな) 山下 紘加(やました ひろか)
生年月日 1994年(28歳前後)
出身地 東京都
職業 小説家

出身地

山下紘加さんの出身地は東京都です。

東京都のどこかなど具体的な情報はありませんでした。

今後情報が出るのを待ちましょう。

生年月日

山下紘加さんの生年月日は、1994年に生まれということしかわかっていません。

1994年生まれなら2022年現在で28歳前後だと思われます。

SNS

山下紘加さんのSNSは、Twitterとインスタグラム、Facebookにアカウントがありました。

山下紘加さんのSNSが見たい方は以下のリンクからご覧ください。

Twitter

https://twitter.com/hirokayamashita?s=21&t=W1uSTDy3j_L63zmVnsNKEQ

インスタグラム

https://instagram.com/hiroka_yamashita?igshid=YmMyMTA2M2Y=

Facebook

https://www.facebook.com/profile.php?id=100055685281070

山下紘加(小説家)の学歴

引用:https://books.bunshun.jp/articles/-/7210

山下絋加の学歴について書いていきます。

出身大学

山下絋加の出身大学は情報がなく、わかりませんでした。

しかし、山下紘加さんは小説家なので、大学で日本文学を学んでいた可能性が高いと思われます。

東京都内で日本文学を学べる有名大学は

  • 立教大学
  • 法政大学
  • 明治大学
  • 日本大学
  • 駒澤大学学習院大学
  • 慶應義塾大学
  • 上智大学
  • 駒澤大学
  • 早稲田大学
  • 青山学院大学

以上のいずれかの大学であった可能性が高いと思われます。

しかし、日本文学部がある大学は30校以上あるので、他の大学の可能性もあります。

出身高校

山下絋加の出身高校についても情報がありませんでした。

しかし、小説家の人は偏差値が65以上の人が多いので、山下絋加は偏差値65以上の東京都内の高校に通っていたと予想します。

偏差値65以上の東京都内の高校は

  • お茶の水女子大学附属高等学校
  • 筑波大学附属高等学校
  • 開成高等学校
  • 東京学芸大学附属高等学校
  • 慶應義塾大学女子高等学校
  • 日比谷高等学校
  • 早稲田実業高等学校
  • 都立西高等学校
  • 国際基督教大学高等学校
  • 明治大学附属明治高等学校

他にも70校以上あるので、特定や予想はできませんでした。

スポンサーリンク

山下紘加の経歴

山下絋加の経歴について書いていきます。

受賞歴

山下絋加の受賞歴は

  • 2015年:「ドール」で第52回文藝賞受賞
  • 2022年:「あくてえ」で第167回芥川龍之介賞候補。

です。

今後さらに小説を書いて受賞するかもしれませんね。

山下紘加は結婚している?

山下絋加は結婚しているのでしょうか。

山下絋加が結婚していたり、彼氏がいる様な情報はありませんでした。

おそらく結婚はしていないと思われます。

山下紘加のおすすめ作品

引用:https://note.com/hashtag/%E5%B1%B1%E4%B8%8B%E7%B4%98%E5%8A%A0

山下絋加のおすすめ作品を紹介していきます。

ドール

ドールは山下紘加さんのデビュー作品で、第52回文藝賞を受賞しています。

この作品の内容は、

僕はユリカを愛していたんです。愛なんです。先生とか、クラスの連中には、わからない愛。僕は真剣でした。真剣なことを、気持ち悪いなんて言わないで欲しい。時代を超えて蠢く少年の「闇」と「性」への衝動。Amazon.co.jp – ドール | 山下 紘加 |本 | 通販

created by Rinker
¥1,375
(2022/06/27 14:51:00時点 楽天市場調べ-詳細)

クロス

クロスは山下紘加さんの2作目の作品です。

あらすじは以下の通りです。

 主人公の「私」は、警備会社で働く28歳。妻帯者でありながら関係を続けていた浮気相手との悪戯をきっかけに、女性装にのめりこんでいく。ストッキングを履いたり、自らの手でメイクを施したりと、女性性に寄り添う生活をして「私」は新鮮な喜びと自由を感じるのだった。あるとき女の姿で訪れたバーで、タケオと名乗る男に出会う。「私」はタケオに強烈に惹かれていくが――。

「『女装しているきみが好き』と彼は言う。それは女? 男? それとも、私?」

「私はどちらの性で、どんな立ち位置で、彼を愛せばいいのだろう――」

私はどちらの性で、どんな立ち位置で、彼を愛せばいいの? 『クロス』 | BOOKウォッチ (j-cast.com)

created by Rinker
¥1,760
(2022/06/27 14:51:01時点 楽天市場調べ-詳細)

あくてえ

あくてえは2022年に第167回芥川龍之介賞候補となっている作品です。

この作品の内容は

あたしの本当の人生はこれから始まる。小説家志望のゆめは90歳の憎たらしいばばあと母親と3人暮らし。ままならなさを悪態に変え奮い立つ、19歳のヘヴィな日常。あくてえ :山下 紘加 | 河出書房新社 (kawade.co.jp)

created by Rinker
¥1,650
(2022/06/27 14:51:01時点 楽天市場調べ-詳細)

まとめ

今回は山下紘加さんについて書いてきました。

山下紘加さんはデビューしてまだ7年しか経っていない小説家ですが、芥川龍之介賞候補となる作品を書いています。

これからさらに作品数も増えていくと思われるので、山下紘加の作品に注目していきましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

鈴木涼美は結婚してる?これまでの経歴や家族情報(父・母)も調査!2022年の第167回芥川賞・直木賞にノミネートされた「ギフテッド」。 その「ギフテッド」の著者である鈴木涼美さんが注目されていま...