国内

「マスクで呼吸が苦しい」がなくなるおすすめ5選!原因と併せて解説!

新型感染症による影響で、最近はすっかりマスクが生活必需品という世の中になりました。

そんな中で、「マスクをしていると呼吸が苦しい」、「早くマスクをつけなくても生きていける世の中になって欲しい」という声が増えています。

特に、運動をする時のマスクはとても邪魔になりますよね。

ネットで検索をしてみても、

・子供が体育の時間もマスクをつけて校庭を走っている
・部活の時にもマスクを着用しなければならない
・ジムでマスクを外していたら、注意された

といった声が多数ありました。

僕自身、マスクをつけながらランニングをしたり、ジムでマスクをつけながら筋トレをしていますが、やはり邪魔に感じることが多かったです。

以前は呼吸が苦しくて、マスクがいやで仕方なかったのですが、今は苦しくないマスクに出会い、快適に過ごすことができています。

今回は、マスクをつけていて苦しくなる原因と苦しくならないマスク5選を紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

マスクで呼吸が苦しくなる原因

まずは、なぜマスクをしていると呼吸が苦しくなるのか?を解説していきます。

その原因は主に以下の2つです。

・口とマスクの間に空間がない
・ゴムの締め付けがキツい

それぞれみていきます。

口とマスクの間に空間がない

呼吸をするたびに、マスクと口が接触するようなタイプのマスクでは、どうしても息苦しさを感じてしまいます

苦しくないマスクを選ぶ際のポイントとして、口とマスクの間に十分な空間が確保できるタイプのものを選ぶようにすると良いです。

ゆとりのあるマスクの方が快適ですよ。

ゴムの締め付けがキツい

耳にかけるゴムの柔軟性が明らかにないものは、マスクをしていて耳が痛くなります

また、自然とマスクと口の間の空間も確保できませんので、この状態では息苦しい状態になってしまいます。

ゴムは十分伸びるかというのも、苦しくないマスク選びのポイントとなります。

「マスクで呼吸が苦しい」がなくなるおすすめ5選!

さて、呼吸が苦しくなる原因を理解したうえで、ここからは実際のおすすめのマスクを紹介していきます。
マスク選びに困っているあなたの参考にしていただければと思います。

韓国人がよく着用しているタイプ

韓国人もよく着用しているタイプのマスクです。

実はこのタイプのマスクは、口とマスクの間に空間ができやすく呼吸をしている時はかなり楽です!

まだ試したことのない方は是非一度試してみてください。

顔にフィットするタイプ

こちらのマスクは洗っても使えるマスクです。

ポイントは、折り目の部分にワイヤーが入っていること!

これによりしっかりとしたドーム型の形が記憶され、口とマスクの間に空間をしっかりと確保することができます。

 

くちばしタイプ

くちばしタイプと呼ばれているマスクです。

口とマスクの間にしっかり空間が確保できる作りになっていますので、息苦しさを気にせずに安心して着用することができますね。

耳が痛くならないタイプ

こちらのマスクは、耳が痛くならないタイプです。

紐が柔らかい記事で作られていますので、マスク着用時に感じる締め付け感がなく、ゆったりと着用することができます。

マスクによる締め付けからも解放されて、快適に過ごしましょう!

布タイプ

締め付けがキツくないマスクがいいけど、やはり布マスクがいい!という方におすすめです。

もちろん口とマスクの間に十分な空間を確保することができ、快適です。

また布マスクは洗って繰り返し使うことができますが、こちらのマスクは30回洗っても抗菌効果が持続するようです。

汗の吸収が早いことからも、運動時に着用したい方向けですね。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回はマスクで息苦しく感じる原因とおすすめのマスクを5つ紹介してきました。

正直ボクもマスクが嫌いだったのですが、マスクを帰るだけでも快適度はかなり変わります。

マスクで息苦しくて、集中できなかったり、仕事や運動のパフォーマンスが落ちてしまうのはとてももったいないことです。

みなさんも是非マスクが生活必需品となった現代社会を少しでも快適に過ごせるようになりませんか?^

今日紹介した内容が少しでも皆さんの参考になれば光栄です。

それでは、最後まで読んでいただきありがとうございました。