国内

玉城デニーの家族情報!妻や子供に玉城ティナとは血縁関係?

沖縄県知事として活躍している玉城デニー

玉城デニーについて

今回は

  • 玉城デニーの生い立ちと経歴
  • 玉城デニーの家族情報
  • 玉城デニーの両親について
  • 玉城デニーと玉城ティナの血縁関係は?

以上の4つについて書いていきます。

玉城デニーのプロフィール

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8E%89%E5%9F%8E%E3%83%87%E3%83%8B%E3%83%BC
名前(ふりがな) 玉城 デニー(たましろ でにー)
生年月日 1959年10月23日(62歳)
出身地 沖縄県うるま市
最終学歴 上智社会福祉専門学校

玉城デニーの生い立ち・経歴

玉城デニーは沖縄県うるま市出身で、小学校は、与那城村教育区立与那城小学校へ通いました。

また、小学生の時は母親が住み込みで働きに出ていたため母親の友人に10歳まで育てられました。

中学校は与勝事務組合立与勝第二中学校へ進学しました。

中学時代はロックにハマり、70年代のブリティッシュ・ハードロックに夢中になったそうです。

高校は、沖縄県立前原高等学校へ進学しました。

高校時代は、ロックバンドを組み、玉城デニーの顔が洋風だという理由だけで英語の歌が歌えそうだと言われボーカルをしていたそうです。

高校卒業後は東京にある上智社会福祉専門学校へ進学しました。

福祉関係を選んだ理由は玉城デニーは色々な人たちに助けられてきて、人の役に立てる仕事をしたいと思っていたからのようです。

専門学校卒業後は沖縄の福祉関係の施設に就職しました。

福祉関係の施設は後に退職し、内装業やラジオパーソナリティなどのタレント業も1989年からしていたそうです。

タレント活動をしていたときに憲法擁護の姿勢や教育問題、沖縄のあり方などに疑問を抱き、2002年に沖縄市議会議員に立候補しトップ当選しました。

玉城デニーの家族情報

玉城デニーの家族は、玉城デニーとその奥さんそして、娘が2人、息子が2人います。

玉城デニーの妻

玉城デニーの妻は保育士として働いている智恵子さんです。

智恵子さんは、玉城デニーと結婚しても、子供が生まれても保育士を続けています。

また、出馬会見の際には記者から

「翁長知事は生前、辺野古の新基地建設で万策尽きたら妻と一緒に辺野古で座り込む!と言ってましたが、玉城氏は万策尽きたらどうしますか?」

この質問に対し、智恵子さんは「一緒に座ります」と答えました。

玉城デニーのことをずっと支える素晴らしい妻だと思います。

玉城デニーの子供

玉城デニーには、娘が2人、息子が2人います。

長男と次女については情報がありませんでした。

長女についても、奈々という名前であることしか情報がありませんでした。

次男は、玉城デニーが国会議員の時に共同生活をしていたようです。

また、2012年に成人式に出られているので、現在の年齢は30歳だと思われます。

次男の顔写真を玉城デニーがツイートしていました。

それがこちらです。

とても、凛々しい顔でイケメンですね。

スポンサーリンク

玉城デニーの両親はどんな人?

ここからは玉城デ二ーの両親について書いていきます。

玉城デニーの父親は、沖縄米軍基地に駐屯していたアメリカ人です。

母親は、伊江島で生まれ育ったアメリカ人とアジア人のハーフです。

しかし、父親は玉城デニーが生まれてすぐに、アメリカに帰ってしまったそうです。

父親がアメリカに帰ったことで、玉城デニーは女手一つで母親に育てられました。

母親は働き者でほぼ丸一日働いていたそうです。

父親は、アメリカに帰ってしまったということだけ見れば、無責任な人だと思ってしまいますね。

母親は、丸一日働いていただということと、玉城デニーを育て上げたということから責任感があり、働き者なのだと思います。

玉城デニーと玉城ティナは血縁関係?

玉城デニーという名前を見た人は、玉城ティナと血縁関係があるのでは?と思った人もいるのではないでしょうか。

しかし、玉城ティナは(たましろ)玉城デニーは(たまき)なので、同じ漢字の苗字でも読み方が違うので全く関係がないことがわかりますね。

まとめ

今回は、沖縄県知事の玉城デニーについて書いてきました。

沖縄県は、アメリカの軍事基地があったりとアメリカとの問題がありますが、玉城デニーが沖縄県知事を続けていられるのは家族がいてこそだと思います。

これからも、家族を大事にした上で、沖縄県知事として頑張って欲しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました。

吉村洋文(大阪知事)の家族情報!嫁は元CAで双子の娘の情報も!発言力や頭の良さ、ルックスの良さから人気のある吉村大阪知事。 現在はコロナウイルスへの対応などで大変な日々を送っています。 ...